当院では新しく綺麗な院内で最新の設備が整っております。

院内と設備

院内

写真をクリックすると拡大

受付
待合室動物が舐めても安全なワックスを使用しております。
第一診療室レントゲン等の検査結果をご説明するための高解像度モニターを設置しております。
第二診察室
第三診察室(猫用)
処置室
手術室
犬舎
猫舎
隔離室感染症を防ぐための隔離室です。
トリミングルーム
化粧室
トイレリードフックをご用意しておりますのでワンちゃんと一緒に入っていただけます。
外観黄色い看板が目印です。
駐車場駐車場9台完備しております。

設備

写真をクリックすると拡大

超音波検査装置
(TOSHIBA aplio300)
高性能モデルの超音波診断装置です。高画質の精細な画像で心臓や肝臓、腎臓、膀胱など、あらゆる内臓の様子を観察し、病気の診断や早期発見を行います。
リガシュア糸を使わずに血管を止めるための機器です。手術の確実性を上げ、手術時間を短くできる特別な機器です。
電子内視鏡(胃カメラ)食道、胃、腸などの内部をモニターで観察して異常を発見する医療機器です。また、開腹せずに組織を採取したり、誤飲した異物の除去ができます。
レントゲン装置 最新のデジタルレントゲンです。
血液凝固検査装置(COAG2V)血液が正常に固まるかどうかを調べる装置です。緊急時の状態を調べたり、手術前の検査に使用し、安全に手術ができるかどうかの確認を行います。
術中温風加温装置麻酔時の体温管理装置です。全身麻酔下の手術は体温の低下が起きます。一般的な温水マットや加熱マットよりも確実に手術中の低体温を防ぎ、麻酔のダメージの軽減や速やかに麻酔から覚める手助けをします。
AP水生成器動物に対しての毒性のない低刺激の消毒液を作ります。死滅の難しいパルボウィルスにも有効な程優れた消毒液です。院内の全ての設備スタッフの手の消毒に使用しています。

まずは当院へお気軽にご相談ください。

にゅうた動物病院では、狂犬病予防接種、混合ワクチン接種、フィラリア症予防、ノミ・ダニなどの寄生虫予防、避妊手術、去勢手術などの予防医療に力を入れています。また糖尿病などのホルモン疾患、心臓病、肝臓といった慢性疾患についても飼い主様とのコミュニケーションのとれた無理のない治療を心がけています。その他、外耳炎や皮膚病、下痢や嘔吐などの症状についてもお気軽にお問い合わせ下さい。また発作などの緊急時にはすぐにお電話でご連絡下さい。